Quantum RedOx Chemistry Group

量子生命科学研究所 量子レドックス化学研究グループ

グループ紹介はこちら
Introduction

2021年3月以前の成果はこちらをご覧ください。

原著論文/Original Papers
  1. Effect of Magnesium Ion on the Radical-Scavenging Rate of Pterostilbene in an Aprotic Medium: Mechanistic Insight into the Antioxidative Reaction of Pterostilbene
    Ikuo Nakanishi,* Yoshimi Shoji, Kei Ohkubo,* Megumi Ueno, Kei Shimoda, Ken-ichiro Matsumoto, Kiyoshi Fukuhara,* and Hiroki Hamada*
    Antioxidants, under revision.
    DOI:
    PMID:
    Released on
  2. Estimation of Local Concentration of the Extremely Dense Hydroxyl Radical Generation Induced by X-ray in Water
    Ken-ichiro Matsumoto,* Megumi Ueno, Yoshimi Shoji, and Ikuo Nakanishi
    Molecules, 27 (3), 592 (2022). Open access
    DOI: 10.3390/molecules27030592
    PMID:
    Released on January 18, 2022
  3. Simplifying Quantitative Measurement of Free Radical Species Using an X-Band EPR Spectrometer
    Yusuke Makino, Megumi Ueno, Yoshimi Shoji, Minako Nyui, Ikuo Nakanishi, Koji Fukui, and Ken-ichiro Matsumoto*
    J. Clin. Biochem. Nutr., in press (2022). Open access
    DOI: 10.3164/jcbn.21-83
    PMID:
    Released on December 25, 2021
  4. Electrochemical Redox Behavior of 2,2-Diphenyl-1-picrylhydrazyl Radical Solubilized by beta-Cyclodextrin in Water
    Ikuo Nakanishi* and Yoshimi Shoji
    Electrochem. Commun., 134, 107190 (2022). Open access
    DOI: 10.1016/j.elecom.2021.107190
    Released on December 24, 2021
  5. Tunneling in the Hydrogen-Transfer Reaction from a Vitamin E Analog to an Inclusion Complex of 2,2-Diphenyl-1-picrylhydrazyl Radical with beta-Cyclodextrin in an Aqueous Buffer Solutions at Ambient Temperature
    Ikuo Nakanishi,* Yoshimi Shoji, Kei Ohkubo,* and Shunichi Fukuzumi*
    Antioxidants, 10 (12), 1966 (2021). Open access
    DOI: 10.3390/antiox10121966
    PMID: 34943069
    Released on December 8, 2021
  6. Effects of Loading a Magnetic Field Longitudinal to the LInear Particle-Beam Track on Yields of Reactive Oxygen Species in Water
    Ken-ichiro Matsumoto,* Ikuo Nakanishi, Yasushi Abe, Shinji Sato, Ryosuke Kohno, Dousatsu Sakata, Kota Mizushima, Sung Hyun Lee, and Taku Inaniwa
    Free Radical Res., in press (2021). Open access
    DOI: 10.1080/10715762.2021.1970151
    PMID: 34569399
    Released on September 27, 2021
  7. Effects of LET on Oxygen-Dependent and -Independent Generation of Hydrogen Peroxide in Water Irradiated by Carbon-Ion Beams
    Ken-ichiro Matsumoto,* Megumi Ueno, Minako Nyui, Yoshimi Shoji, and Ikuo Nakanishi
    Free Radical Res., 55 (6), 714-719 (2021). Open access
    DOI: 10.1080/10715762.2021.1915489
    PMID: 34519601
    Released on September 14, 2021
  8. Nitroxyl Radical as a Theranostic Contrast Agent in Magnetic Resonance Imaging
    Ken-ichiro Matsumoto,* Ikuo Nakanishi, Zhivko Zhelev, Rumiana Bakalova, and Ichio Aoki
    Antioxid. Redox Signaling, 36 (1-3), 95-121 (2022). Open access
    DOI: 10.1089/ars.2021.0110
    PMID: 34148403
    Released on June 19, 2021
  9. Protective Effects of Amino Acids on Plasmid DNA Damage Induced by Therapeutic Carbon Ions
    Katsunori Yogo,* Chieko Murayama, Ryoichi Hirayama, Ken-ichiro Matsumoto, Ikuo Nakanishi, Hiromichi Ishiyama, and Hiroshi Yasuda
    Radiat. Res., 196 (2), 197-203 (2021).
    DOI: 10.1667/RADE-21-00033.1
    PMID: 34043797
    Released on May 27, 2021

プロシーディング/Proceedings
  1. pH Effect on the Scavenging Reaction of Ascorbic Acid against Selected Radicals in Phosphate Buffer Solutions
    Ikuo Nakanishi, Yoshimi Shoji, Kei Ohkubo, Toshihiko Ozawa, Ken-ichiro Matsumoto, and Shunichi Fukuzumi
    Free Radical Biol. Med., in press (2021).
    DOI:
    Released on
  2. Initial Molecular Geometry of Radiation-Induced Reactive Species in Water
    Ken-ichiro Matsumoto, Megumi Ueno, Yoshimi Shoji, and Ikuo Nakanishi
    Free Radical Biol. Med., in press (2021).
    DOI:
    Released on

2021年度
  1. 【口頭】アスコルビン酸およびその類縁体によるニトロニルニトロキシドラジカル消去反応における量子トンネル効果
    Quantum Tunneling in the Scavenging Reaction of Nitronyl Nitroxide Radicals by Ascorbic Acid and Its Analog
    ○中西郁夫,荘司好美,大久保 敬,松本謙一郎,小澤俊彦,福住俊一
    日本薬学会第142年会名古屋オンライン,2022年3月25〜28日(27日, 27M-pm05)
  2. 【ポスター】X線を照射した水中に生成する水素ラジカルの局所濃度の測定
    Measurement of localized generation of hydrogen radical in water irradiated by X-ray
    ○松本謙一郎,牧野祐典,上野恵美,荘司好美,中西郁夫,福井浩二
    日本薬学会第142年会,名古屋,2022年3月25〜28日
  3. 【講義】抗酸化物質によるラジカル消去機構の解明〜分子レベルから量子レベルへ
    ○中西郁夫
    フリーラジカルスクール2021,新潟+オンライン,2022年3月14日
  4. 【招待】抗酸化物質によるラジカル消去反応機構の量子論的解析
    ○中西郁夫
    科学的根拠に基づく健康長寿を伸ばす会(PH会)第21回講演会,東京,2022年2月7日
  5. 【招待】Combination Effect of Carbon Ion Beam and UVB Irradiation to Mouse Leg Contracrture
    上野恵美,中西郁夫,○松本謙一郎
    PACIFICHEM 2021米国ハワイ州ホノルルオンライン,2021年12月16〜21日(21日)
  6. 【ポスター】Effect of Magnesium Ion on the Radical-Scavenging Reaction of Pterostilbene and the Mechanism
    ○中西郁夫,荘司好美,大久保 敬,上野恵美,松本謙一郎,福原 潔,濱田博喜
    PACIFICHEM 2021米国ハワイ州ホノルルオンライン,2021年12月16〜21日(19日)
  7. 【口頭】2,2-ジフェニル-1-ピクリルヒドラジル(DPPH)ラジカルの酸化還元挙動に対するpHの影響
    ○中西郁夫,荘司好美,小澤俊彦,松本謙一郎
    第34回日本酸化ストレス学会関東支部会,オンライン,2021年12月18日
  8. 【ポスター】pH Effect on the Scavenging Reaction of Ascorbic Acid against Selected Radicals in Phosphate Buffer Solutions
    ○中西郁夫,荘司好美,大久保 敬,小澤俊彦,松本謙一郎,福住俊一
    The Society for Redox Biology and Medicine's 28th Annual Conference (SfRBM 2021)米国ジョージア州サバンナオンライン,2021年11月15〜18日(16日)
  9. 【ポスター】Initial Molecular Geometry of Radiation-Induced Reactive Species in Water
    ○松本謙一郎,上野恵美,荘司好美,中西郁夫
    The Society for Redox Biology and Medicine's 28th Annual Conference (SfRBM 2021)米国ジョージア州サバンナオンライン,2021年11月15〜18日(16日)
  10. 【ポスター】Generation of Hydrogen Radical in Water Irradiated by X-ray
    牧野祐典,上野恵美,荘司好美,○松本謙一郎,中西郁夫,福井浩二
    ISMAR-APNMR-NMRSJ-SEST 2021大阪オンライン,2021年8月22〜27日(26日, P3-6-8)
  11. 【ポスター】Redox Reactivity of 2,2-Diphenyl-1-picrylhydrazyl (DPPH) Radical Solubilized by beta-Cyclodextrin in Aqueous Buffer Solutions
    ○中西郁夫,荘司好美,大久保 敬,小澤俊彦,松本謙一郎,福住俊一
    ISMAR-APNMR-NMRSJ-SEST 2021大阪オンライン,2021年8月22〜27日(26日, P3-6-5)
  12. 【ポスター】水溶液中における2,2-ジフェニル-1-ピクリルヒドラジル(DPPH)ラジカルの反応性に対するpHの影響
    pH Effect on the Reactivity of 2,2-Diphenyl-1-picrylhydrazyl (DPPH) Radical in Aqueous Solutions
    ○中西郁夫,荘司好美,大久保 敬,小澤俊彦,福住俊一,松本謙一郎
    第74回日本酸化ストレス学会・第21回日本NO学会 合同学術集会仙台オンライン,2021年5月19, 20日(P6-12)
  13. 【ポスター】水へのX線または炭素イオン線照射により局所的に極めて密に生成するヒドロキシルラジカルの初期局所濃度の測定
    Estimation of the Local Concentration of the Markedly Dense Hydroxyl Radical Generation Induced by X-rays and Carbon-Ion Beam in Water
    ○松本謙一郎,上野恵美,荘司好美,中西郁夫
    第74回日本酸化ストレス学会・第21回日本NO学会 合同学術集会仙台オンライン,2021年5月19, 20日(P2-09)

こちらもご参照ください。

《更新情報》
・2022(令和4)年度のスケジュールを追加しました。(2022.1.4)

2023.03.26 ACS Meeting(インディアナポリス)(~2023.03.30)
2023.03.25 日本薬学会第143年会(札幌)(~2023.03.28)
2023.01.06 第32回ビタミンE研究会(京都)(~2023.01.07)
2022.XX.XX 第35回日本酸化ストレス学会関東支部会(東京)
2022.12.02 SEST2022(熊本)(~2022.12.04)
2022.11.28 AsBIC10(神戸)(~2022.12.03)
2022.XX.XX 10th SFRR-Asia(大邱)(~2022.XX.XX)
2022.11.16 SfRBM 2022(オーランド)(~2022.11.19)
2022.11.05 第55回酸化反応討論会(札幌)(~2022.11.06)
2022.10.09 242nd ECS(アトランタ)(~2022.10.13)
2022.09.07 JASIS 2022(幕張メッセ)(~2022.09.09)
2022.09.09 第16回バイオ関連化学シンポジウム(名古屋)(〜2022.09.11)
2022.09.02 第46回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会(東京)(~2022.09.03)
2022.08.21 ACS Meeting(シカゴ)(~2022.08.25)
2022.06.18 第31回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2022)(~2022.06.19)(京都)
2022.06.17 第22回日本抗加齢医学会総会(大阪)(~2022.06.19)
2022.05.29 241st ECS(バンクーバー)(~2022.06.02)
2022.05.26 量子生命科学会第4回大会(神戸)(~2023.05.27)
2022.05.25 第75回日本酸化ストレス学会学術集会(つくば)(~2022.05.26)
2022.04.02 EB 2022(フィラデルフィア)(~2022.04.05)

2022.03.25 日本薬学会第142年会(名古屋)(~2022.03.28)
2022.03.23 日本化学会第102春季年会(西宮)(~2022.03.26)
2022.03.20 ACS Meeting(サンディエゴ)(~2022.03.24)
2022.03.15 日本農芸化学会2022年度大会(オンライン)(~2022.03.18)
2022.03.07 第95回日本薬理学会年会(福岡)(~2021.03.09)
2022.01.30 Gordon Research Conference(ベンチュラ)(~2022.02.04)

↓終了分はこちら↓
続きを読む

Tiger RedOx
本年もよろしくお願い申し上げます。

2021年10月1日から量子科学技術研究開発機構(量研)の英語名が変わりました。

旧) National Institutes for Quantum and Radiological Science and Technology
新) National Institutes for Quantum Science and Technology

The English name of our affiliation has been changed from "National Institutes for Quantum and Radiological Science and Technology" to "National Institutes for Quantum Science and Technology."

1962年4月から1986年3月
 国立放射線医学総合研究所
 薬学研究部
 赤星三弥部長(1962〜1974)
 玉置文一部長(1974〜1985)
 色田幹雄部長(1985〜1986)

1986年4月から1987年3月
 国立放射線医学総合研究所
 化学薬学研究部(色田幹雄部長)

1987年4月から1996年3月
 国立放射線医学総合研究所
 薬理化学研究部
 色田幹雄部長(1987〜1992)
 小澤俊彦部長(1992〜1996)

1996年4月から2001年3月
 国立放射線医学総合研究所
 第1研究グループ(小澤俊彦グループリーダー)

2001年4月から2006年3月
 独立行政法人放射線医学総合研究所
 放射線安全研究センター
 レドックス制御研究グループ
(伊古田暢夫グループリーダー)

2006年4月から2011年3月
 独立行政法人放射線医学総合研究所
 重粒子医科学センター
 粒子線生物研究グループ
(岡安隆一グループリーダー)
 放射線効果修飾チーム(安西和紀チームリーダー)

2011年4月から2015年3月
 独立行政法人放射線医学総合研究所
 重粒子医科学センター
 先端粒子線生物研究プログラム(今井高志プログラムリーダー)
 レドックス応答制御研究チーム(松本謙一郎チームリーダー)

2015年4月から2016年3月
 国立研究開発法人放射線医学総合研究所
 重粒子医科学センター
 先端粒子線生物研究プログラム(今井高志プログラムリーダー)
 レドックス応答制御研究チーム(松本謙一郎チームリーダー)

2016年4月から2019年3月
 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
 放射線医学総合研究所 放射線障害治療研究部(安倍真澄部長)
 障害分子機構解析研究チーム(松本謙一郎チームリーダー)

2019年4月から2021年3月
 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
 量子医学・医療部門 放射線医学総合研究所
 放射線障害治療研究部(安倍真澄部長)
 障害分子機構解析研究グループ(松本謙一郎グループリーダー)

2021年4月から現在に至る
 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
 量子生命・医学部門 放射線医学研究所
 放射線規制科学研究部
(神田玲子部長)
 障害分子機構解析研究グループ(松本謙一郎グループリーダー)
 URL: https://qrst.blog.jp/

 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
 量子生命・医学部門 量子生命科学研究所
 量子レドックス化学研究グループ
(中西郁夫グループリーダー)

CDDPPH
生体関連レドックス(酸化還元)反応の量子化学
レドックス(Redox)とは、英語のReduction (還元)とOxidation (酸化)を合わせた言葉で、日本語では「酸化還元」を表します。具体的には、電子や水素原子、水素化物イオンの受け渡しを伴う化学反応がレドックス反応で、光合成や細胞呼吸をはじめとする生命活動において重要な役割を果たしています。
私たちのグループは、生体関連レドックス反応の中でも特に重要な活性酸素種や関連するラジカル種の生成や消去のメカニズムを、物理化学的手法を駆使して分子レベル、さらには量子レベルで解明することを目指しています。

Quantum chemistry of bio-related redox reactions
Redox means reduction and oxidation reactions, in which the transfer of electrons, hydrogen atoms, or hydride ions occurs, and plays a pivotal role in biological reactions, such as photosynthesis, cell respiration and so on.
Our research group aims to elucidate the mechanisms for bio-related redox reactions, especially for generating and scavenging of reactive oxygen species and related radicals at molecular and quantum levels, using physicochemical techniques.

グループリーダー / Group Leader
 中西 郁夫 / Ikuo Nakanishi
 http://ikuo.com/

主任技術員 / Senior Technical Staff
 荘司 好美 / Yoshimi Shoji

事務担当 / Staff
 寺田 政世 / Masayo Terada

協力研究員 / Visiting Collaborative Researcher
 大久保 敬 (大阪大学) /
 Prof. Kei Ohkubo (Osaka University)

 五十鈴川 和人 (横浜薬科大学) /
 Prof. Kazuto Isuzugawa (Yokohama University of Pharmacy)

↑このページのトップヘ